駐車場を貸し出てみた 別の駐車場オーナー活用例

全国の空きが埋まらなく悩んでいる月極駐車場オーナーの同志諸君!「akippa」を使ったこんな打開策があるぞ!

更新日:

月極駐車場

今回は私の友人のakippaの活用例を紹介していきたいと思います。

友人Nは広島市の郊外の市街地で何か所かの月極駐車場とアパートを経営してます。

彼は5年前亡くなった父親の資産を兄と分けて運営しているので、周囲からは“遊んで暮らせる良い身分”だと言われます。
確かに仕事は契約などの一般業務と集金くらいだし、同年代に比べると遊んで暮らしていると言われても仕方ないかと思う事もありますが、去年くらいから月極の空きが目立つようになってきたそうです。

友人Nの兄のところも同じで多いところでは半分くらい空いているところも出てきました。
なんとか食い止めようと頑張っているのですが、月極駐車場の性格上、継続してくれる借り手がいないことには打つ手が少なく困っています。
このようなオーナー同志は多いのではないかと思います。

困っても、コインパーキングは絶対してはいけない!

コインパーキングにしてはいけない

これは絶対してはならないと言えるのは、“コインパーキング”の転用です。
周りの同業者は皆、口を揃えてそう言います。

私も友人Nもなんとなく聞いていたのですが、3年前、友人Nの兄がコインパーキング大手の営業に折れて2か所をコインパーキングに一括借り上げで転用しました。
最初の内は「費用も掛からず、全部やってくれてそこそこの定額収入が入るから、お前もやれよ」と勧めてくれていたそうですが、そのあと地獄がやってきました。

機械の導入や運営コストなどは全体にプールされていたのですが最初の2年は反映されなかったのでよかったのですが、定期契約更改で提示されたのは、それまでの四分の一以下の金額

これじゃ話にならないと思っても、解約手続き費用や機械の撤去費用などが高く、継続するしかなく、気が付けば“自分の土地を貸しているのに、借金をしている”感覚になったようです。

結構追い込まれて…それで知った「え!akippaって何」から始まった逆転劇!?

akippa

友人Nの方も月極駐車場の空きがなかなか埋まらず苦労はしていたそうです。
確かにそこそこの広さの駐車場なので、コインパーキング業者からのアプローチはひっきりなしですが、これは兄の例もありパス。
銀行からはマンションとかビルとか建ててみないかと盛んにアプローチがあったけど、このご時世に借金してまでしても収益性に乏しい。
でもこのままだと、固定資産税もかかるのでじり貧になる。
これだけ土地を持っているのに、活かせないなんてカッコも悪いし。

カープ応援に行くとき知った『akippa』

気分転換に広島カープの応援に行く事にしたそうです。
いつも止める駐車場があるそうなのですが、早く行かなければ場所が取れないのけど、この日は奥さんが「予約しといたから」と一言。

この時友人Nはakippaについて知らず「駐車場を予約?どういうこと」と聞いてみたところ『akippa』というアプリだと、値段がいつもの場所の半分だし、予約ができるので、早く行って無駄な料金を払うこともないと。
なんて素晴らしいシステムなのか。この満足感で試合も勝利でとても良い時間を過ごせたそうです。

ところが帰りの車中で、「そんな大盤振る舞いをして駐車場の人は損をしていないか」と気になり、翌日『akippa』について調べてみることに。最終的にはこの駐車場のオーナーに話を伺ったそうです。

すると驚くことに、この駐車場も空きが常態化していて困っていたのが、akippaで未稼働なスペースを数台、日貸し利用したところ、利用が一気に上がり、それまで空いているだけの空間が収入になったとか。
また野球の日には特別料金とかでこの間の価格に引き上げて予約がとれるとかでダブルの効果だとか。

要するに「1円の稼ぎもなかった駐車場スペースを、費用ゼロで勝手に稼いでくれる物件にしてくれた」のだそう。
しかもこのアプリには70万人だかの会員がいるそうで、他のよく似たアプリとは利用率が全然違うのだそうで、逆に勧められた次第。

akippaで知る。僕らの地域にも、驚くほど高い需要があった。

友人Nは「僕らの地域には、わざわざ予約などして来る人などいない。」最初はそう思っていたそうですが、奥さんは「あるよ。いくらでも。」それで導入することに。

その結果には、驚かされ、月極では絶対になかった需要が、これほど多いとは想像もしなかったそうです。

akippaの方には「地方の方の当たり前は、利用者にとってはとても特別なんです」と言われたそうですが、まさにそうでした。
何もないと思っていた山登りにグループで来られるかたが、まとめて7台予約してくれたり、近くのラーメン屋や居酒屋に来る人が予約を入れてくれたり、テレビ局のクルー利用、病院や工場などを訪問する営業車両など、様々な利用があるようです。

これだけ需要があれば事業の立て直しも可能だと思い、コインパーキングを導入してしまった友人Nの兄にも勧めました。
兄貴はロック式のパーキングを強いられていますが、設備はそのままでロックを解除して『akippa』に駐車場登録してからの方が、数字がよいと言います。

 

というわけで全国の駐車場オーナーの同志にも「akippa」をお勧めします。
お金もかからないし、akippa公式サイトは個人宅の登録くらいしか想定されておらず少し手間に感じて投げ出した申し込みについても、私が使ったakippa申込サイトが分かり易く、何が必要かサポートしてくれますし、申し込んだあとのフォローもよくて安心できますよ。

 

空きスペース、空き駐車場が出費額ゼロで収入になります!

-駐車場を貸し出てみた, 別の駐車場オーナー活用例
-, , ,

Copyright© 駐車場予約『akippa(あきっぱ)』使ったら凄かった! , 2018 All Rights Reserved.