駐車場を貸し出てみた

akippaに駐車場を貸し出してみた

投稿日:

空いている駐車場があったので、akippaに駐車場登録をしてみました!
利用者がすぐに停められるようになっていれば、登録費や設備費など一切ゼロ円でスタートできるのがakippaの魅力ですね。

akippaを貸し出す上で揃えるもの

akippaに自身の土地を貸し出す上ではややこしい契約書の類は不要です。
主に以下の情報を揃えればOKなようです。

オーナーの情報

当然と言えば当然ですが、連絡先、報酬の振込先口座などの情報です。

駐車場情報

これが意外と悩むところですが、数が少ない場合や平置き駐車場は実はそんなに手間ではありません。
主に太文字になっている部分を埋めればOKです。

オーナー情報とやや重複しますが、管理者の氏名連絡先駐車場の名称住所経度緯度と言った「駐車場としての基本情報」。

それから各車室ごと情報を記入します。
駐車場タイプ(平置き、立体、機械式、そもそもゲートのあるところは現状は難しいようです)
車室番号(月極駐車場など番号があるところ、後述する「駐車場の長さ、幅」が同じ場合はまとめてしまってOKです)
車両タイプ(軽自動車、コンパクトカー、中型車、ワンボックス、大型車 など後の長さ・幅)
オートバイの駐車の可否(逆に言うとオートバイのみのスペースも登録可能です)
駐車場の高さ(立体駐車場など屋根がある場合なので平置きなら不要)
駐車場の長さ、幅(車室ごとにほぼ同じ場合は一番小さい車室を基準に、全く異なる場合は新たに設定)
・通路幅(駐車場へ進むにあたって狭い場合などに記入)
・重量、車下、タイヤ幅(立体や機械式などの場合に記入します)
貸出が可能な日(月・火・水・木・金 ・土・日・祝)
貸出可能時間(「13時 ~ 20時」「24時間」など)

それから駐車場全体としていくつか設定をします。
時間貸し対応について(15分単位で貸し出すかどうか)
予約可能日数(30日、14日とありますが今日から先の日程を)
価格調整委託(「akippaに委託する」にすると地域の相場などで最適な価格を設定してくれます、高すぎると誰も借りませんからね)
注意書き(段差や周辺に注意すべきものがある場合など、トラブル防止のためになるべく書いておきましょう)
オーナーから一言(利用者へのメッセージになります)

あと何か設置物(看板やコーン、ラベルなど)が必要あれば注文することも可能ですが、よほど分かりにくなどなければ不要です。

写真・区画図

周辺写真(道から見た駐車場写真)、駐車場全体写真(駐車場入ってすぐくらいの写真)、各車室の写真(1つづつ真正面から)、大通りから駐車場までの経路が入り組んでいる場合はその経路写真
このとき縦構図ではなくすべて横構図の写真を用意します。
(うっかり縦構図の写真を渡したら再提出してくださいと言われました)

【区画図写真】

区画図は設計時のものがあればそれを用意します。
なくても、サイズさえあっていれば手書きでもOKとのことです。
最終的にakippaに登録される際はakippaの登録係の人が画像を仕上げるそうです。

 

あと代理店によっては業務内容覚書といった、用紙に記入する必要がある場合もあります。(あくまで登録作業のサポートのみであることの念押しのようです)


以上、よく分からない場合は未記入にして聞くか、提出すれば、「ここはどうなっていますか?」と逆に質問されると思いますのでそれで埋めていけば結構簡単でした。

と、まだ登録しただけなので利用者はまだですが、意外な利用があるそうなので気長に待とうと思います。
なによりもただの空きスペースとして放置するよりは断然マシですからね。

もちろん、月極で入ってくれる人がでたら、akippaに連絡すればakippaへの貸し出しは停止(ただし先に予約が入ってない場合)することは可能です。

空いているスペースや未稼働の駐車場をお持ちの方がいれば、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

akippa 駐車場オーナー 申込サイト

空きスペース、空き駐車場が出費額ゼロで収入になります!

-駐車場を貸し出てみた

Copyright© 駐車場予約『akippa(あきっぱ)』使ったら凄かった! , 2018 All Rights Reserved.